LINE@&SNSでの集客方法!各SNSの違いや特徴もアリ!

こんにちは、山崎弘章です。

 

「これからネットを使った集客を始めていきたい!だけど、SNSやLINEって何?どう違うの?だけど、今更聞けないよな」

と思っていませんか?

今回の記事では、LINEやSNSの違いやSNSを使用した集客術をお伝えしていきます。

 

そもそもSNSってなに?

SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)とは、インターネットを介して不特定多数の人とコミュニケーションを取れるスマートフォン・パソコン用のWebサービスの総称のことです。

昔はブログや電子掲示板でもそうした機能の一部は使用できていましたが、SNSでは特に「情報の発信・共有・拡散」といった機能に優れています。

 

 

SNSでは何ができるの?

SNSには様々な種類があり、それぞれ独自の機能や特徴があります。下記の機能は基本的にどのSNSでも共通して使用できますので、ご紹介します。

プロフィール作成

名前(本名または仮名)、年齢、生年月日、性別、居住地域、出身地、学歴、職歴、趣味や所属団体など、自身がアピールしたいことを公開し、プロフィールを作成していきます。

全ての情報は開示しなくても良いので、可能な範囲で自己紹介をしましょう。

Facebookのプロフィールは特に充実しています。

 

文章を公開する

SNSは、ブログのような長文の記事ではなく、短文で簡潔な記事を公開する傾向が強いです。

「○○に行ってきます(行ってきました)」「〇〇食べました」「〇〇さんに会いました」などのように簡単な報告や感想が多いです。

特にTwitterでの投稿可能な文字数は140文字なので、かなり短文での投稿となります。

 

コメントを付ける

他の人の文章や写真に対してコメントや「いいね」というワンクリックでできる簡単な反応ができます。

昔のブログの時代とは違い、簡略化・短縮化される傾向にあります。

また、「〇〇さんの投稿に◯万いいねがつきました」のというふうに、作者には応援、読者からすると「人気投稿」のような機能も付いています。

 

写真を公開する

スマートフォンやモバイル通信の普及により、誰もが日常的に写真を撮り、気軽にSNSへアップロードできるようになりました。

特に、Instagramは写真の投稿に特化したSNSで、撮影した写真をそのまま投稿するのではなく、より見栄えの良い美しい写真を作る(加工)という傾向も見られます。

 

グループを作る

共通の趣味や目的を持った人たちでグループを作成し、アンケートをとったり共同で作業をすることができます。

かつてはmixi(ミクシィ)がこのコミュニティ機能に力を入れていましたが、現在はFacebookでこの機能が使用できます。

 

個人間でのメッセージ

第三者に見られることなく、個人間でのメッセージができます。

TwitterやInstagramではDM(ダイレクトメッセージ)、Facebookではメッセンジャーと呼ばれ、メールの代用として使用することができます。

 

友人を紹介する

SNSでは友人のことをフォロワーと呼びます。フォロワーのリストは基本的に第三者にも公開されます。

この機能のおかげで友人の友人と繋がりやすくなり、効果的に人脈を広げることが可能です。

 

 

SNSの選び方とポイント

SNSは、サービスによって大きく特徴が異なります。

使用感やユーザー数、年齢層や使用目的などが異なります。

もしあなたがこれからSNSを使用して集客をしていくなら、あなたの業種や目的にあったSNSを使用する必要があります。

ここから各SNSの特徴をお伝えしますので、あなたの目的に合うSNSはどれか探してみてください。

 

 

各SNSの特徴

Facebook

国内ユーザー数:2800万人(2017年9月時点)

年齢層:40代、30代、50代の順に多い(2017年12月時点)

特徴:

  • 文章のみの投稿や文章+写真または動画での投稿が可能。
  • 基本的には本名での登録が規則なので、自分のことを知っている人(仕事関係の人、お客様、昔の友人、家族)に見つけてもらいやすい。
  • 投稿範囲の設定ができる。友達全員に見てもらうこともできれば、友達の友達にまで見てもらえる。
  • 他のSNSとは違い、時系列で記事の表示がされない。いいねやコメントがある記事が上位に表示されやすい。
  • グループ機能があり、趣味や目的などが同じ人とコミュニケーションが取りやすい。

 

Twitter

ユーザー数:4500万人(2017年10月時点)

年齢層:20代、40代、30代の順で多い(2017年12月時点)

特徴:

  • 文章のみの投稿や文章+写真または動画で投稿することができる。
  • 文字数は140文字まで。
  • リツート機能(自分が良いと思った他ユーザーのツイートを再投稿し、自分のフォロワーのタイムラインに表示させること)があり、全く知らない人の目に触れることがある。そのため、拡散力が高いと言われる。
  • 匿名性であるため、自由に気兼ねなく投稿できる。
  • 最新情報をリアルタイムで知れる。

 

Instagram

ユーザー数:2000万人(2017年10月)

年齢層:20代、30代、40代の順に多く、女性ユーザーが多い(2017年12月)

特徴:

  • 2014年10月以降から2015年10月までの間にユーザーが75%増加する。
  • 女性の利用者が全体の60%以上。
  • 写真または動画+文章(文章なしの投稿も多い)で投稿が可能。
  • おしゃれな写真を投稿する認識が高い。
  • Instagram上で写真や動画を加工することができる。
  • ハッシュタグ(#〇〇)と入れて投稿すると、その投稿が検索画面で一覧できるようになる。検索でも使われることが多い。
  • ハッシュタグは複数個つけることが可能。
  • インスタTVも始まり、急激にビジネスで使用しやすく露出もしやすくなった。

 

LINE

ユーザー数:7300万人以上(2017年12月)

年齢層:40代、30代、20代の順に多い(2017年12月)

特徴:

  • メール代わりとして使用する人が多い。
  • ユーザー数が多く、利用している年代も幅広い。
  • ホーム画面やタイムラインがあることでSNSの1つとして認識されることもあるが、他のSNSと比べるとタイムラインの認知度が低く、投稿しても反応が鈍い。
  • 他のSNSと比べ、開封率が高いので読まれる可能性が高い。

 

SNSとLINE@の違い

 

強み 他のSNS LINE@
ユーザー数  ◯  ◎
情報伝達力  ◯  ◎
情報拡散力  ◯  △

 

他のSNSと比べたLINE@の強みは2つあります。

  • ユーザー数
  • 情報伝達力

 

先述した通り、LINEのユーザー数は他のSNSに比べ圧倒的に多く、そのユーザーに対してアプローチできます。

また、配信したメッセージは、お客様が日常的に使用しているLINEに直接届きます。

LINEで家族とコミュニケーションを取っている最中にポップアップなどで通知されます。他のSNSだと、アプリを開かないと気づかない、見過ごす情報もあります。

しかし、LINEでは直接お客様に情報を届けられます。このような情報伝達力が他のSNSに比べて高いです。

 

LINEとSNSにそれぞれメリットがあるので、これらを複合的に活用していきましょう。

 

 

SNSからLINE@への集客方法

お客様をLINE@へ集客するには、まずあなたのことを知ってもらい、そして興味を持ってもらうことが重要です。

そして、お客様にもっとあなたのことを知りたいと思ってもらえれば、LINE@へお客様は登録してくれます。

この流れを各SNSの機能を使って作っていきましょう。

 

Facebookでの集客

Facebookで集客する前にやるべき2つのこと

リサーチ

Facebookの中には、同業者やビジネスなどを教えてもらっているあなたの師匠がいると思います。その方達のリサーチをすることが重要です。

  • どのような投稿内容か
  • どのようなヘッダーやプロフィール写真か

まずはリサーチをして、ライバルの動向を把握しましょう。リサーチをすることで、具体的なイメージをつけていきましょう。

 

ヘッダーとプロフィール写真の設定

Facebookに限らずですがSNSではイメージが大変重要になって来ます。

少し前までは、対面でお客様とお会いした時にあなたのイメージは決まっていました。

しかし、現在はSNSが普及したことによって、直接お会いする前にSNSやネットでイメージが決まってしまうようになりました。

なので、SNSで「魅せる」という事が大変重要となってきます。

 

ちなみに、この「魅せる」ということを、ブランディングとも言います。簡単に例えるとブランディングは自分のキャラクターというイメージです。

 

どんなヘッダーやプロフィール写真が良いのか?

ヘッダーでは、パッと見て何をしている人か分かりやすい画像を使用しましょう。

プロフィール写真は、自分の顔を出したものが良いです。顔を出すことによって、信頼を勝ち取る事ができるようになります。

これらの写真は、あなたのイメージになりますので、プロのカメラマンに撮ってもらうことをオススメします。

 

注意点

このブランディングをもし、間違えてしまうと、素人っぽくなったり信用できないと思われてしまう事があるので注意しましょう。

 

お客様にあなたの存在を知ってもらうには?

商品やサービスを購入してくれそうな見込みのある方にまず友達申請を行いましょう。

 

効果的な友達申請の方法

Facebookの友達の上限は5000人ですが、その中のできるだけ多くを見込み客にしていく必要があります。ですので、見込み客への効果的な友達申請や見込み客ではない人は消していきましょう。

 

イベントのページを使用する方法

1、検索窓にあなたのビジネスに関係のあるキーワードを入れ、検索しましょう。

この時に、どれだけ自分のビジネスと関係のあるキーワードで検索をするかが非常に重要です。

キーワードの探し方は、お客様の目指している結果に関連するワードを探しましょう。

例えば、私であればターゲットは売上をあげたい人です。売上をあげるということが結果で、それに関連するキーワードを探し、使用していきます。

2、キーワードを入力し、検索をかけると「イベント」という選択ができると思います。

3、そのイベントに「参加」または「興味あり」の人へ友達申請をしていきましょう。

4、イベント主催者のページを見ましょう。他にもイベントをしている可能性があります。なので、そちらのイベントに「参加」または「興味あり」の人がいますので友達申請しましょう。

5、1〜4を繰り返す。

 

グループを使用する方法

1、イベントページを検索する際に使用したキーワードでグループを検索しましょう。

2、公開グループや非公開グループであれば参加。

3、参加後、グループ内の方の投稿への既読数が見ることができるようになっています。その人たちに友達申請をします。

4、グループの主催者がイベントをしている可能性があるので確認し、イベントがあれば、上記のイベントのページを活用する方法を行っていきましょう。

 

お客様に興味を持ってもらう方法

その方法は、投稿やライブを行うことが効果的です。

日々あなたの考えを発信することによって、あなたに興味や共感が生まれ、LINE@への登録につながります。

 

Facebook投稿での3つのコツ

投稿で最も気をつけるべきもの

Facebookの記事を書く際に一番気をつける点は、写真です。

それは何故でしょうか?

あなたはFacebookを見ている時、何に視線が最初にいきますか?

多くの方が写真だと思います。

Facebookを見ている人の視線の動きは、写真→タイトル→本文のように移動していきます。

なので、本文を読んでもらうには、まず最初に視線がいく写真をこだわらないといけないです。

では、どのような写真が良いかというと、あなたが写っている写真です。Facebookを読んでいる人にまずはあなたのことを覚えてもらわないといけないので毎回写真にあなたの顔があると徐々にあなたのことを覚えてくれるようになります。

注意点として、やりがちなのは、自分の写真をドアップで投稿してしまいがちです。

そうではなく、自分プラス背景や仲間などがある写真にしましょう。

 

タイトル

Facebookを見ている人は、写真の次に視線が向かうのがタイトルです。

タイトルを見て「この記事面白そうなこと書いてそうだな」と思ってもらえれば、本文へと読み進めてもらえます。

 

本文

本文のテンプレートは、「〇〇専門家の〇〇です。」とまず自分の名前を出して、その次に本文、最後に「P.S.」とつけてLINE@の登録を誘導するという流れです。投稿内容の文量は1500文字程度がオススメです。

 

具体的な投稿内容

タイトルの次に、毎回名前を入れることによって、あなたのことを覚えてもらえるようになります。

商品が売れるには、販売者のことをお客様が信頼していることが重要です。その信頼を生むには、お客様との接触回数を増やすと効果的です。

何故かと言うと、単純接触効果を利用しているからです。

単純接触効果とは、繰り返し同じ人と接触することによって高感度や評価が上がるという効果のことをいいます。

その心理学を利用して、SNSでも毎回名乗ったり、毎日投稿をしていきましょう。

投稿内容としては、コンテンツ投稿とプライベート投稿の2種類があります。

この2種類を使い分けて投稿することが重要になってきます。

比率としては、コンテンツ投稿:プライベート投稿=6:4の割合で投稿をしていきましょう。

コンテンツ投稿とは、お客様のタメになる情報を書いた投稿のことをいいます。その中でノウハウを公開する際は必ず100%のノウハウを投稿しましょう。

そうすると、「100%のノウハウを公開したら売れなくなるんじゃないですか?」と質問が来ることがあります。

答えは、「ノウハウ公開をしても商品は売れます」

理由は、情報発信をしている多くの方がノウハウを100%公開しているので、あなたがノウハウを出し惜しみすると、ライバルに埋もれてしまって逆に商品が売れなくなるからです。

また、ノウハウだけお客様が知っても、自分に落としこみができないため、1人で実践しても結果は出ません。

今はノウハウに価値はなく、サポートに価値が置かれるようになっています。

例えば、ダイエットや筋トレもノウハウはネットや本でたくさん公開されていますが、ライザップが流行ったのは記憶に新しいと思います。ライザップでは、ノウハウはもちろん徹底的なサポートがついてきます。

ここから、人はノウハウよりサポートに価値を感じているということが分かると思います。

ですので、ノウハウはどんどん公開していきましょう。

プライベート投稿では、あなたの日常を投稿しましょう。

何故かというと、ノウハウの公開だけでは「あなたから学びたい」とはなりません。

そこにブランディングを意識したプライベート投稿をすることによって人間味が加わり、「あなたから学びたい」「あなたから買いたい」という気持ちにお客様はなります。

ですので、コンテンツ投稿とプライベート投稿をバランス良く行いましょう。

そして、最後に「P.S.」としてLINE@への誘導を行いましょう。LINE@登録時のプレゼントを用意しておくと、登録率は増加しますので、プレゼントも準備しましょう。

 

Facebookライブ

Facebookライブを行う上でのポイント

Facebookライブだけではなく、Youtubeライブも一緒に行いましょう。

スマートフォンとパソコンといったように2つの端末を使用すると両方を一緒に行うことができます。

こうすることにより、より多くの方にライブ配信をライブ配信をみてもらえるようになります。

 

Facebookライブのやり方

Facebookの投稿欄に「ライブ動画」とありますので、選択。

文字の記入欄にLINE@への登録を促す文章を記入しましょう。

準備ができたらライブ配信を開始してください。

 

Facebookライブを行う際の注意点

スマートフォンを横向きにして行う

スマートフォンを縦向きにしてライブ配信を行うと、映像のサイズが小さくなり、大変見にくくなるので、注意しましょう。

 

Facebookライブではリアルタイムでのコミュニケーションが取ることができます。

視聴者が送ってくれたコメントをリアルタイムであなたが名前を読んで返答することで「この人コメント返してくれるんだ、話ができて面白いな」と思ってもらえます。そう思ってもらえると、ライブ自体も見続けてくれるようになります。

信頼も築きやすくなるので活用しましょう。

Facebookライブを行なっている人には、誰が参加してくれたかというのがコメントのように表示されます。ですが、それは声に出して読まないようにしましょう。

 

Twitter

あなたの存在を知ってもらうには?

あなたのビジネスのお客様として見込みがありそうな方にフォローをしていきましょう。

 

フォロワーの増やし方

フォローは、あなたと同じ業種で活動をされているアカウントの投稿にいいねをしている人にフォローをしていきましょう。

フォローはアカウントによって異なりますが、1日に30以上行うとアカウントが削除またはロックされますので、少しずつ行いましょう。

また、フォローを行なっているとフォロー数とフォロワー数のバランスが悪くなってきますので、3日に1回の頻度でアンフォローを行いましょう。アンフォローも1日50以下としておきましょう。

 

あなたに興味を持ってもらうには?

興味を持ってもらうために、投稿をしていきましょう。その上で気をつけるべき3つのポイントをお伝えします。

興味づけをする

Twitterでは、1つの投稿につき140文字までしか入力できません。

なので、Twitterでは「〇〇興味ありますか?」といった文章で、ホームページやYoutube、ブログなどお好みの媒体へ移動させましょう。

そうすれば、少ない文字でもあなたが伝えたい内容が伝わるようになります。

 

トレンドキーワードをおさえる

Twitterの中には、トレンドキーワードというものがあります。

トレンドキーワードとは、その時に多くの人がそのキーワードを使って投稿していたり、注目が集まっているキーワードのことです。

そのトレンドキーワードは「ついっぷるトレンド」というサイトで調べましょう。リアルタイムでベスト100までのトレンドキーワードが掲載していますので、参考にしてみてください。

トレンドキーワードを使用すると、一気に移動したサイトの閲覧数が伸びることが期待されます。

 

面白い、上手いなと感じる投稿

トレンドキーワードや面白い、上手いなと感じられる投稿はリツイートが起こりやすく、多くの人に投稿をみてもらえるようになります。

 

Instagram

あなたの存在を知ってもらうには?

あなたの商品やサービスを購入する見込みがありそうな方へフォローをしていきましょう。

効果的なフォロワーの増やし方

同じような業種の方の投稿で、100いいね以上ついている投稿にいいねをしている人へフォローをしましょう。

自らフォローをしてくれる人もいますが、フォローをしてくれたからその方にフォローをし返すという方もいます。

ターゲットを意識してフォローをしていきましょう。

 

あなたに興味を持ってもらうには?

価値あるコンテンツの提供

Instagramを使用している多くの方が、写真には気を遣っていますが、文章はそれほど重要視していない人が多いです。

ですので、Facebookに投稿した文章と同じでも良いので、それをInstagramでも発信をしていきましょう。そして、その文章に関連する写真を一緒に投稿しましょう。

写真に関しては、一眼レフといったような高性能なカメラで撮る必要はなく、スマートフォンのカメラで十分です。スマートフォンで撮影した写真は加工アプリを使用して明度や彩度を調整しましょう。また、フィルターも統一したものを使用し色味に一貫性を持たせましょう。

動画を載せる場合は、10〜15秒のものが良いでしょう。

 

ストーリーやインスタTVを活用する

ストーリーを見ている人は多く、投稿をすることによってあなたと見込み客との接触頻度が増えます。接触頻度が増えれば信頼も築けますし、フォロワーの数が多ければ権威性も上がります。

 

人気投稿に表示させる

人気投稿とは、毎日9枚ずつハッシュタグ毎に選ばれる人気の高い投稿のことです。これに選ばれることで、あなたの投稿を見てくれる人が増えるため、影響力を持てるようになっていきます。

人気投稿は、コメント数やフォロワーに対してのいいねの数の割合、いいねの数で決定されます。

 

人気投稿に選ばれるためには?

ハッシュタグが勝敗を分けます。

ハッシュタグは1つの投稿に30個までつけることができます。Instagramでは多くの人がハッシュタグで検索をするので、かなり重要になってきます。

あなたのビジネスのターゲット層がどのようなハッシュタグを検索しそうかを考え、そのハッシュタグをつけていくことによってInstagramでターゲット層へのアプローチが可能となります。

 

反応の取りやすいハッシュタグの見つけ方

1、ターゲット層が使用していそうなハッシュタグを見つけましょう。

ライバルがどのようなハッシュタグを使っているか、ターゲット層が読んでいる雑誌などを読んでリサーチをしていきましょう。

 

2、最初は1で探し出したハッシュタグや人気なハッシュタグを使用して、1週間投稿をしていきましょう。

投稿をして、3時間後などにあなたが使用したハッシュタグを検索してください。その際に人気投稿にあなたの投稿が載っているかを確認してください。

この時にInstagramを使用していると、あなたがよく検索する人やハッシュタグが出やすくなって、人気投稿が正しく見ることができなくなることがあります。その際は、協力を頼める人に確認を依頼するか、パソコンであれば、シークレットウィンドウで確認をすると良いでしょう。

3、反応が良ければそのハッシュタグは継続し、あまり反応が良くなければ変更をしていきましょう。

 

おわりに

これからビジネスを発展させていくにはSNSの活用が必須となってきます。それぞれの特性を活かして活用することで、私が教えている生徒さんも集客はもちろん売上を爆発的に伸ばすことができました。

それぞれのSNSでは、頻繁に新しいノウハウが生まれています。3ヶ月前のノウハウを使っていると正直集客ができなくなります。