Line@友達追加時にクーポンを配る方法とそのメリット

こんにちは、山﨑弘章です。

Line@を利用してサービスの運営をしている方は、『クーポン機能』をうまく活用されていますでしょうか。

今ではLineの普及率が非常に高くて、国内メッセンジャーアプリのなかでも不動の地位を築いてきました。

LINE@クーポン機能とは、そんな幅広く親しまれているLINEで店舗に集客できる機能です。本記事では効果的に集客につなげるにはどのような活用方法があるのか事例をもとに考察し、解説していきたいと思います。

 

LINE@のクーポン機能とは

まずLINE@のクーポン機能について解説します。
LINE@
クーポン機能では開封率や使用率の測定が可能なクーポンをユーザーに配信できます。クーポンのフォーマットには、友だち登録している全ての人に配ることができる「全員配布」、ユーザーが応募して当選した人に配る「抽選」2種類があります。

用途にあった形でユーザーへ配信することができるので、単発的でなく持続性のある集客施策が行える機能です。
クーポンブックというクーポンの期限順から表示したり、近隣のお勧めを表示することができる機能があります。これにより、埋もれやすいクーポンも検索しやすくなります。

クーポン機能の特徴

LINEの普及率が非常に高く、リアルタイムな配信も出来るという点で即時性が高いことが挙げられます。

またタイムラインやメッセージ画面をすぐに確認できるため、メルマガと比較すると開封率やクリック率も高くなります。クーポン配信では統計情報が画面で確認出来るため、個々の開封率や使用率の測定も可能です。

LINE@クーポンの活用ポイント

LINE@のクーポンは他のメッセージに埋もれやすいため、どのタイミングでどの情報を配信するかがカギになります。リアルタイム性が高いため、当日の状況に合わせたタイムリーな配信も可能となります。たとえば、友だち追加時にクーポンでサービス訴求すれば、次の再訪のきっかけを作ったりもできます。

また開封してもらってからビジュアルで訴えたい時は、配信内容を「リッチメッセージ」にしてリンク誘導したほうがいいケースもあります。そのため、ユーザーに対してどんなアクションをとってもらいたいか目的をはっきりさせる必要があります。

PRページを使って友達を増やす

友だち追加した瞬間にメッセージ&クーポンを送る方法〜友達追加でクーポンを配布するメリット〜

メリット1:もれなく配れる

「登録してみたけど、いつ何が届くのかわからない」 お客さまのそんな不安を払拭するため、登録と同時にメッセージ等を自動送信できます。「今後もこういうものが来る」と理解した上で、配信を楽しみにしていただけます。

メリット2:登録を促せる

お店でどのようにお声かけしていますか? はじめてクーポンを用意しておけば「今登録すればこの特典がすぐに届きます」とご案内できます。

メリット3:友だち登録の感謝

LINEは非常にプライベートな存在です。そこに貴店アカウントを入れた方はファンですので、「友だち登録ありがとう」の気持ちをこめてちょっとしたサービスをしてみませんか。

メリット4:次回来店が見込める

メッセージ開封率が高いのはLINE@の特徴です。クーポン配信すれば、次回使えますのでそのまま集客に繋がると言えます。

メリット5:使用回数の設定

クーポンは『一回のみ』か『何回でも』の2種類の使用回数を選べます。一回のみの場合、クーポンを使用済みにするとLINE@管理画面上でクーポン利用率がわかります。

友達追加時クーポンの作り方

『クーポン(全員配布)』のフォーマットを『一回のみ』に設定して作ってみましょう。お店の負担にならない範囲で、サービス内容をご検討するのがいいです。

そしてクーポンの『利用期限』を設定する場合は期間に気をつけましょう。

1.PRページを作る

管理画面の左、PRページのタブから入力画面を開きます。

2.基本設定を開く

管理画面の左、基本設定の『友だち追加時あいさつ』のメッセージ編集をクリック。

3.セットする

『テキスト』『スタンプ』『画像』『PRページ』をあわせて5個まで決められます。『PRページ』は1で作ったものを貼ります。

クーポンを配らない場合は、『テキスト』でメッセージのみ配信してもOKです。アカウント審査直後は定型文が設定されています。

4.プレビュー&保存する

記入したら、プレビュー画面で確認します。大丈夫でしたら保存しましょう。あとは友だち追加されるたび自動配信されます。

使用回数『一回のみ』を設定するメリット

これは店舗側に大きなメリットのあるシステムです。

店頭でお客さまがクーポンを使用したあと、スタッフさまがボタンを押して「使用済みのクーポン」という表示に切り替えれば、以降そのクーポンは使用不可能になります

切り替えることで複数回の利用による過剰サービスを防げ、店舗側の意図したとおりの業績が見込めます。また、クーポンが何名に使われたかを示す『使用数』が判明しますので、今後のLINE@活用の指針になります。

「お1人さま1回までのご利用」を遵守したい場合は、忘れずに設定してください

まとめ

メルマガに代わる新しい手段として非常におすすめなLINE@クーポン機能の活用事例を紹介しました。

普及率が非常に高いLINEに連動したLINE@のクーポン機能は、活用の仕方ではタイムリーな来店促進、売上アップの効果、リピーター率向上が発揮できることがわかりました。

ぜひ、新たなクーポン配信手段として効果的で持続性のある集客に活用してみてはいかがでしょうか。

 

年収1000万円~1億円稼ぐための最新ノウハウをLINEにてバンバンお伝えしています。

まだLINEへのご登録がまだの方は下のボタンから是非よろしくお願い致します。

友だち追加