LINE@の一般アカウントをLineアプリから検索する4つの方法!【Line@を使って集客するヒントもゲット】

こんにちは、山﨑です。

Line@の特徴としてクーポンの配布や最新情報の配布などができるので便利で使っている方も非常に増えてきましたね。

ですが、いざ気になる企業のLine@を検索しようとすると『少しわかりにくい』とか『どこから登録しするのがいいのか』が分からないなんて方も以外と多いんですね。

なので今回はLine@の公式アカウントを検索する方法とLine@を使って集客するヒントも紹介していきます。

LINE@の一般アカウントをLineアプリから検索する4つの方法!

Line@を検索して登録する場合、ID検索が一般的な検索方法ですが他にもLINE@を検索できる方法があります。

今回はLINE@の検索方法について4つの方法からご紹介していきたいと思います。

1番簡単!LINE@IDから検索する方法

このLINE@IDから『LINE@』を検索する方法は普段みなさんが使っている『Line』でID検索する方法と同じです。

ステップ①:Lineアプリの友達をタップして右上のプラスをタップ>検索をタップ

その後ID入力画面が表示されます。

ステップ②:I検索したい名前を入力

LINE@の場合IDの先頭に必ず「@」のマークがつきます。

LINE@IDか普通の個人のLINEIDかその違いはこの「@」のマークで判断することができます。

Line内の公式アカウントからLine@を検索

ステップ①:LINEアプリを開きます。右下の『ウォレット』をタップ>公式アカウントをタップします。

ステップ②:「公式アカウント」を選択してタップ>公式アカウントページに切り替わります。

 

ステップ③:アカウントを検索して登録

 

アカウント検索の場合は「ID、名前」などを入れて検索出来ます。

コンビニと入力すれば自宅の近く等でコンビニの表紙かされるようになっています。

位置情報の共有がオンになっている場合。

ステップ④:アカウントを選択してタップ>登録をタップで完了です。

カテゴリーからLINE@を検索する

ステップ①:カテゴリーをタップ>ジャンルを選んでタップします。

ステップ②:LINE@アカウントを選択してタップ>追加をタップして登録完了です。

クーポンページからLINE@アカウントを探して登録する方法

ステップ①:上記同様クーポンをタップ>ジャンルを選択してタップ

ステップ②:クーポンを選択してタップ>友達追加して使用するをタップして登録完了です。

以上がアカウントを探す方法です。

Line@アカウントを使って集客に役立てるヒント

Line@の普通の個人のLINEIDを検索は『18歳未満の方は利用できません』ですがLINE@の『ID検索』であれば18歳未満の方でもID検索を利用することが可能なんです!

つまりLine@IDの配布が出来れば非常に幅広く集客活動が可能ということになります。

例えば、『Line@ライブ』を使ってID検索をしてもらえるようにするとか。

よく動画チャンネルで自分の本をずっと見える範囲においていたりとかする場面はよく見るのではないでしょうか?

特にLine@ライブのような流行りの機能に敏感なのはやはり若い人ですからね!

おわりに

最近ではLine@を作成する人が急増しています。

そしてクーポン機能などによりLINE@を作成する人だけでなくLINE@を利用する人も今後はますます増えていくのは間違いありません。

それに伴ってLINE@(ラインアット)を検索する人も増えてくるので今のうちにチェックしておくのがオススメです。

これからもぜひLine@を上手く活用して下さいね。

年収1000万円~1億円稼ぐための最新ノウハウをLINEにてバンバンお伝えしています。

まだLINEへのご登録がまだの方は下のボタンから是非よろしくお願い致します。

友だち追加