Line@のトーク履歴を保存する方法〜大事なトークを保存しよう〜

こんにちは、山﨑弘章です。

「1:1トーク」を利用した際に、お客様とやりとりした内容を残したいという時があると思います。トーク画面を見返せるから大丈夫!と思っていると、痛い目を見てしまいます。じつは、トーク内容が消えてしまうことがあるのです。

今回はそんなトーク履歴の保存方法を紹介していきたいと思います。

1:1トークを保存しよう

スマホの機種変更などで新しいデバイスにLINEアカウントの引き継ぎを行うと、LINE@の情報も移行されますが、11トークでお客さまと個別でやり取りしたメッセージは移行されません。

また、一定期間メッセージのやりとりがない場合に履歴が出てこなくなる可能性もありますので、問合せや予約依頼といった重要なトークについては、トーク履歴をテキストファイルでダウンロードしておきましょう。

トーク内容が消えてしまう

トーク内容は消えてしまう場合があります。内容を残しておきたい場合は、トーク履歴をテキストファイルでダウンロードしておきましょう。テキストファイルのダウンロード方法はこちら。

また、トーク上でやりとりした画像の保存期間は約2週間です。画像を手元に残したい場合はダウンロードして端末に保存しておきましょう。

どういうときに消える?

LINE@MANAGERLINE@アプリを利用しているPC・スマホを変更したとき

別のPCや端末では、変更前のすべてのトーク履歴は表示されません。(元のPC・端末では表示できます)

②時間経過

一定期間メッセージのやりとりをしないと、そのお友だちとのトーク画面自体が出てこなくなってしまいます。

期間については下記に記載。

LINE@「1:1トーク」の内容を保存する方法

アプリバージョン

ステップ1:保存したいトーク画面を開く
ステップ2:メニュー設定を開く

ステップ3:「トーク履歴を送信」から端末に保存。メール等でPCに送信することもできます。

PCバージョン

ステップ①:LINE@MANAGERにログイン

ステップ②:左メニューの「1:1トーク」をクリック。新しくタブが開き、トーク一覧が表示されます。

ステップ③:保存したいアカウントを選択し、アカウント表示にカーソルを乗せた状態で右クリック。「トーク履歴を保存」からダウンロードできます。

また、「トークルームを検索」の横にある「︙」をクリック「すべてのトーク履歴を保存」をクリックですべてのトーク履歴(一覧にあるぶんのみ)を保存できます。

内容を残したい場合はこまめにトーク履歴をダウンロードしましょう!

LINE@1:1トークの履歴はいつ消える?

11トークの内容がいつ消えてしまうのか、いつまで保存されているのか気になりますよね。

テストする方法

LINEからLINE@へメッセージを毎日送信。

LINE@MANAGERから1:1トークを閲覧し、データを削除。

再度1:1トークの履歴を閲覧。何日分の履歴が残っているのか確認。

この方法でテストした場合どうなるのでしょうか。

テストの結果


結果:開始から2週間の履歴が保存される。

午後になると223日のメッセージは消えてしまいます。

1日のどこかのタイミングで2週間前の1日の履歴が消えてしまう為
2
週間毎のバックアップでは取りこぼしが出る可能性があるかもしれなので注意しましょう。

おわりに

絶対に残しておきたい内容は、13日以内に「トーク履歴を保存」から保存するのがオススメです。

ちなみに、送信された画像の保存可能期間も2週間となっています。

こちらも13日以内に保存する方がいいでしょう。

年収1000万円~1億円稼ぐための最新ノウハウをLINEにてバンバンお伝えしています。

まだLINEへのご登録がまだの方は下のボタンから是非よろしくお願い致します。

 

友だち追加