LINE@で予約ができる!?新しい集客術〜サロン必見〜

こんにちは山崎です。

・LINE@を使ってサロンなどの予約ができる?
・LINE@がサロン予約に向いている理由
・サロンの予約へLINE@を導入するには?

今回は以上のような内容を解決していきたいと思います。

LINE経由で店舗予約が可能

皆様の店舗では、お客様より予約を受ける際、どのようなツールを使っていますか?
電話予約は最もスタンダードかと思います。あとはネット予約。店舗HPからの予約もあれば、各種広告サイトからの予約も入るでしょう。

LINE@がサロン予約に向いている3つの理由

LINE@がサロンの予約に向いている理由は下記の3つです。

①電話が苦手なお客さんに有効

②無料での通話が可能

③来店のキッカケ作りができる

これから一つずつ解説していきますね。

①電話が苦手なお客さんに有効

ではこのLINE@は集客になぜ有効なのでしょうか。
それは「電話しなくて済む」からです。

例えば、職場での休憩時間や、通勤の電車内などのスキマ時間だと、電話での予約は難しいですよね。
そんな電話しにくいシーンでも、予約を可能にしたのがLINE@でした。

お客様にとってみれば、いつでも気軽に店舗へ問い合わせをすることができます。
なおかつお店側からすると、お客様からの問い合わせに機敏に反応できます。しかもやり取りの中で良い関係が築ければ、予約や商品購入につながります。

電話という、かしこまった形が「個人対店舗」という構図をつくっていましたが、
LINEというツールを通したおかげで、普段のLINEでやり取りをするような「個人対個人」という関係に近いものを作り出せるようにもなったのです。

②無料での通話が可能

上記では電話が嫌いと
LINE@の特徴は、これだけではありません。
LINEは、そもそもお互いにLINEのアプリを通じて電話をすれば、無料で通話ができるのも特徴です。
この機能を利用して、LINE @加盟店舗にフリーダイヤルを期間限定で開設することができます。

また、LINE@アカウント取得後に公開可能な、LINEお店ページと言う機能もあります。
分かりやすく置き換えると、単純にLINEが公開しているお店のホームページです。

ここへアクセスすれば、配信されているクーポンを入手することができる仕組みです。

お客様が自ら美容サロンを検索し、自らクーポンをダウンロードしてくれるわけですから、少数で開業するような店舗には非常に助かるツールです。

LINEお店トークを活用すれば、その日のお店の空き具合の確認を、お客様がすることができ、たまたま空いているようであれば、その時に来店してもらうと言った、リアルタイムな情報発信も可能です。

これを応用すれば、将来自分の美容サロンの売り上げが好調に推移し、人材が不足しはじめた場合には、求人募集としても活用している事例も出てきています。

このように、LINE @は、美容サロンにとって数多くのメリットがあり、非常に親和性の高いツールであると言えるのです。

③来店のキッカケ作りができる

1度お店から離れてしまっている人や、前回の来店から時間が経ってしまい来店のタイミングを失ってしまった人達へも、メッセージを送信することで呼び戻しのきっかけにすることができます。
クーポンの作成もできるので、コミュニケーションツールとしてだけでなく販促ツールとしての役割も果たしてくれます。

LINE@の有効性についてはある程度、理解していただけましたでしょうか。
まだアカウントを開設していない方はぜひLINE@アカウントを開設してみてください。

LINE@を使って予約をするには?

今やスマホを使っているユーザーの90%以上がLINEを利用していると言われています。
そして、LINEのビジネスアカウントであるLINE @のシステムは、3万件以上のアカウント開設数を誇り、こちらも急成長を遂げています。

それほど、LINEは日本人にとって、非常に身近な存在で抵抗が無く使っているアプリになっています。
そもそも、スマホが普及している中でLINEアプリを利用していないユーザーは、非常に少なく、
LINEという知名度も一緒に利用することができるのが大きな特徴です。

美容サロンにお勧めの予約ツールとは?

前述の通り、美容サロンの予約ツールと一言で言っても、種類や利用目的によって必要となる機能は違ってきます。

うまくその機能をチョイス出来れば、予約ツールだけで顧客管理から分析に至るまで、また、サロンの情報発信に至るまでを一括で管理することが可能なのです。

現状では、1つの予約ツールに頼るのではなく、以下の予約ツールの組み合わせが一番、お客様のニーズにマッチしていると言えます。

【オススメの予約受付手段】

①・HPBが提供しているサロンボード(もしくは自社サイトに設置している予約ツール)
②・SNSでの予約受付

この二つを組み合わせるのがオススメ。

HPBが提供しているサロンボード(もしくは自社サイトに設置している予約ツール) はあなたのサロンにとって「顧客・予約管理」に不備が無いツールであれば特に何でも構いません。
残念ながら⑵のSNSからの予約は、管理システムでは無いので、⑴のような予約管理システムは必須です。

その上で、⑴には無い、予約サービスとして⑵を組み合わせる方法がオススメです。

重要なのは⑵なのですが、最近特にオススメの予約ツールが、LINE@(ラインアット)です。

新しい集客ツール『LINE@』

LINEで予約を取るために使うツールはLINE@です。
このLINE@は無料で使うことができます。

LINEは1対1の個人間でのコミュニケーションツールであるのに対し、LINE@は企業や店舗が多数の人に送信することを可能にしたツールです。
ではこのLINE@では何ができるのか、大まかに解説していきます。

①友だち登録してくれた人にメッセージを一斉送信

LINE@アカウントを友だちに追加してくれた人に向けて、一斉にメッセージを送信することができます。

無料プランでは、
有効友だち数×メッセージ送信数=1000通まで
となっています。

新メニューの追加や、営業時間の変更などを伝えたい場合には、各人にメッセージを送信せずとも、1通で全員に届けることができます。

■サロンで使用する場合

クーポンや情報発信ツールとしても活用ができる
LINE@が他のSNSと大きく違う点として、サロン側がクーポンなどで積極的にお客様に販促ができる点です。
サロン側が予約を欲しい時に予約を取れますし、クーポンなどで固定客の離脱を防げる点は非常に強力な集客ツールになります。

それに前述の通り、LINE自体がスマホユーザーにとって、日常的に抵抗感無く使っているアプリなので、メルマガなどと違い、非常に開封率が高いのも嬉しいポイントです。

②友だち登録してくれた人と個別にメッセージ

LINE@アカウントを友だちに追加してくれた人と、個別に1対1でメッセージのやり取りができます。

これは普通のLINEと同じですね。ここでお客様から問い合わせや予約をもらえれば、具体的な予約日時の調整や提供メニュー等を話し合うことができます。

■サロンで使用する場合

美容サロンとお客様との間で直接のやりとりができる
これは「1:1トーク(1to1トーク)」と言う、店舗オーナー向けに用意されているサービス内容で、美容サロンのアカウント開設だけではなく、お客様とのやりとりも友達とのLINEのように、直接できてしまうというものです。
(もちろん1対1で、他のお客様に会話を見られることはありません。)

お客様がもしデザインや料金について不明点があった場合、メールや電話で問い合わせをするのは面倒でも、LINE@であれば、リアルタイムに応答することができるので、その場で不安を拭い予約に繋げることができます。

また、このやり取りの時点で、接客をしながら、メニューを提案した上で予約を取ることが可能です。

③ショップカードとの連動

LINE@を開設すると、LINE上であなたのお店のショップカードを作成することができます。
最近では、飲食店や美容院でも、このLINEのショップカードをスタンプカードにして、継続利用客への特典付与の管理をしているサロンもかなり増えてきました。

また、お客様はスマホ&LINEさえあれば、ショップカードを忘れると言うことが無く、ストレスを軽減しながらお店に通うことができるので、非常に便利なサービスです。

④友だち追加時あいさつの設定

ユーザーがLINE@アカウントを友だちに追加したときに、自動で送信するメッセージを設定できます。
友だち追加してくれたことへのお礼や、このLINE@アカウントの目的などを自由に伝えることができます。

他にもメッセージ一斉送信の日時予約など、LINE@アカウントならではの機能があります。

予約ツールで絶対に欠かせない4つの機能

1-1に挙げたような3つの予約の方法のうち、多くのサロン様は2種類以上の予約手段を組み合わせることが多いと思います。

サロンの規模や経営ステージによって、最適な予約ツールを使うことが重要であり、特に、有料でも無料でも構わないのですが、もしどの手段を使うとしても、以下の3点の機能が十分であるかどうかを必ず考えて、メインの予約手段を吟味しましょう。

【美容サロンの予約ツールに必要なポイント4点】
①決済手段は充実しているか。
②WEBだけで完結する予約手段になっているか。
③予約・指名管理に不備が無いか。※予約と顧客管理の連動
④顧客分析ができる機能が備わっているか。

多くのポータルサイトが提供している予約ツールでは、上記4点はデフォルトで備わっているので、そこまで深く考えたことが無いサロン様も多いかもしれません。

しかし、もしポータルサイトへ掲載をしていないサロン様や第二の予約の窓口で自社サイトに予約ツールを導入している場合は上記の4点を押さえているか確認しましょう。

特に、⑶の予約管理は当たり前の機能だと思いますが、⑴・⑵は意外と注意が必要です。

例えば、20-40代のお客様の60%以上はクレジットカードでの決済を希望されています。
また、クレジットカード決済の場合であれば、お客様にとって、可能であれば、オンラインで、事前決済ができるに越したことはありません。

無料ツールの中には、有料のカスタマイズのパターンで、クレジットカード決済などの決済手段の導入がオプションになっているツールも今だにありますので、注意しましょう。

また最近では、WEB決済を考えると、クレジットカードだけでは不十分です。
Tポイントや楽天ポイントなどのポイント決済を希望される方も多いですし、スマートフォンでのAppleペイやモバイル決済(ドコモなどのキャリア決済)を使う層がメインの客層であれば、競合よりいち早く取り入れているだけで予約の離脱を防げる可能性もあります。

次に、当然のことながら、忙しい時間の合間を縫って美容サロンの予約をする方ばかりですので、WEBだけで予約が完結することが重要です。
これは、具体的には、予約フォームで予約をしたはずなのに、本予約ができないシステムだと意味がありません。

予約可能時間と実際の管理システム上でのタイムラグがあり、「後から本予約できたかをメールでおしらせします」といったサロン様も今だに見かけられますが、お客様にとってはかなり不便で、「不親切なサロン」と言う心象を持たれてしまうでしょう。

LINE@のプランはどれが最適?

LINE @は主に月額無料版と言われるスタンダードプランと、月額料金5,000円(税抜)で利用できる有料版(ベーシックプラン)の2種類があります。
(ほとんどのサロン様の場合はこのどちらかで構わないです。)

もう1点、プラン以外のオプションで、通常はランダムでLINEから割り振られたアカウントIDになるのですが、自分の希望のアカウント名を設定できる「プレミアムID」と言うサービスがあります。

プランの概要について

■無料版
無料版は、美容サロンからのメッセージの配信が月1回無料という制限がありますが、問い合わせ機能や、LINEお店ページの掲載や編集、また問い合わせ対応は無償で利用できます。

■有料版
有料版は当然のことながら費用を支払っているわけですから、美容サロンからのメッセージの配信は、回数無制限で行うことができます。

また、LINE内のお店検索で、有料版を利用すれば、お店表示も上位で上がる特典付きです。
通常のインターネット検索サイトでもそうですが、やはり上位表示というのはポイントになります。

最初のうちは、登録者数も少ないでしょうから、無料版で全く問題が無いと思います。

そして、重要なのは、オプションで紹介した「プレミアムID」です。

まず、アカウントIDとは、お客様に見えるアカウント名と違い、お客様があなたのサロンのアカウントを友達登録する際、検索画面で入力をする文字列です。

これが最初のランダムな状態では、お客様が探すのも大変ですので、プレミアムIDだけは有料で取得することをオススメします。

※友達登録はQRコードでも出来ますが、カメラが故障・うまく作動しないお客様のためにもID検索でのご案内は必須になります。

【LINE@プレミアムIDの費用】

■通常ID プレミアムID
年間利用料 0円 2,592円(初年度税込み価格※)
1,296円(2年目以降:割引適用税込み価格)
引用:LINE@プラン紹介より(※2017年12月時点)
http://at.line.me/jp/plan

実際にLINE@をサイトに載せよう!

では次に、LINE@で友だちを効率的に増やす方法をお伝えします。
もちろん、来店した方に「LINE@始めました!」とお伝えしたり、FacebookやTwitterでLINE@を開始したことをお知らせするのも必要です。

しかし、もう1つ取り組んでいただきたいのが、
店舗サイトの一番上に『LINEで予約』ボタンを設置することです。

まとめ

美容サロンにとって、最新の予約ツールの導入は繁盛するかどうかの分かれ目だということが分かるかと思います。

そして同時に、中でもスマホですぐに予約が取れるline@のアプリを利用することは、効果的です。
美容サロン側から見れば、予約のコントロールがしやすくなり、お客様側の立場から見れば、普段使っているアプリでサロン予約もショップカードの一元化もできるなどのメリットがあります。

このメリットが顧客満足度にもつながることが分かります。

今までどのような予約ツールを利用しようか迷っていた、もしくは今の予約ツール以外にも無料で優れたツールがあれば試したいと言う美容サロン経営者には、まずはline@を試してみていただくことをお勧めします!

おわりに

いかがでしたでしょうか。

このLINE@は普段のLINEと同じような使い勝手でお客様とのコミュニケーションを図ることができるので、まだ使っていない方はこの機会にLINE@を始めることをオススメします。