SNS集客の方法・SNS広告の使い方と週客に活かす機能を紹介

こんにちは山﨑です。

SNSって登場したばかりの目的は「コミュニケーション」ツールとしてがメインでしたが、
いまでは「Web集客」を行うためには不可欠なインターネットツールの一つとなりました。

そしてSNS登場当初に人気だった「Facebook」を筆頭にその後は
「Twitter」や「Instagram」などが参入してきましたよね。

そして今ではスマホを持っている人なら必ずと言っていいほど使っている

「LINE」が登場しましたね。

こうやって身近にSNSを使う時代が気がついたらきているから驚きですよね。

今回はその身近となったSNSが日々機能追加されたりと使用の範囲が増え続けていて複雑になりかけているため、分かりやすくまとめてみました。

特にWebの集客に関わっているビジネスマンの方は、SNSに関してはそこまで詳しくなくても
その機能や広告のシステムはしっておいて損はないですよね。

今回の記事を読んで頂ければ
・最近追加されたSNSの機能についてや
・比較的低予算から使えるSNSの広告について知って頂けるような内容となっています。

フリーランスの方やスモールビジネスを経営されている方にとって必見の内容となっています。
ぜひ最後までご覧ください。

1.Instagram:いまだにユーザー数が成長し続ける人気SNS

Instagramの新機能

Instagram登場のころはiPhoneアプリのみで登場してたって知ってましたか?

<Instagramの特徴>
Instagramはスマホで撮影した写真をかっこよく加工して画像をシェアし合うのが目的のSNSです。
2015年当初に人気だったのは若い女性。

それからは瞬く間に一気に利用者が増え始め、いまでも毎月ユーザー数が増え続けているバリバリ人気のSNSなんですね。

「インスタ映え」という言葉も流行になりましたよね。
人に迷惑を掛けてしまったり、映え目的で「食べ物」などを購入する人が増えてしまっているのが少し残念ともいえます。。

<Instagramの主な機能>
現在のInstagramではシェアできるものは写真だけではありません。
写真は複数枚を1度に投稿も可能ですし、なんと動画の投稿も可能です。
それからしばらくして、・テキストのみの投稿も可能になりました。

まとめると。
・写真(複数OK)
・動画
・テキストのみ
の投稿が可能となります。

<Instagramで一番人気の機能>

Instagramでいま最も人気なのが、24時間だけ公開される「ストーリーズ」
です。

ストーリーズでは
・写真(複数枚可能)
・動画
・GIFアニメーション
などの投稿が可能で

ストーリーズでないと使えない機能もあり、
・動画風の効果撮影機能
・スローモーション機能
・タイムラプス動画
・スタンプ加工
などが用意されているのも魅力の一つなんです。

「ストーリーズ」の中では、ライブ配信で動画を配信する事もできて、ライブ配信した内容をストーリーズでリプレイだって可能となっています。


Instagramの広告機能について

Instagramでの広告を出稿するには「Facebookのビジネスマネージャーアカウント」を作成して、アカウントをリンクすることで、広告の出稿が可能となります。

<Instagram広告の特徴>
Instagramでは投稿した広告がユーザーの投稿の間に投稿がされる仕組みとなっています。

■Instagram広告では写真を投稿する以外にも

・「購入」
・「詳しくはこちら」

などのボタンから辿ってウェブサイトへの誘導を行ったりとか
アプリのインストールを促したり、「動画を再生する」などが可能となります。

■広告アカウントでもストーリーズで動画や画像を配信する事も可能です。

広告もハッシュタグを使うことでフォロワー以外にもリーチさせることができます。
ここ最近ではハッシュタグのフォローをする事が可能となり、投稿を目立たせたい場合は
統一したハッシュタグを計画的に使うことも大切となってきます。

2.Twitter:現代マーケティングで必須のSNS

Twitterのメイン機能

Twitterは、当初文字制限が短く限られていたのですが、文字数制限の拡大がついに実施される事になりましたね。
ただし、対応するのは1バイト文字と言われるものだけを使用した場合なので注意です。
※英語などの1バイト文字での投稿は280文字までが1投稿ごとに表示可能です。
※日本語の文字数はこれまでも変わらない140字です。

Twitterの投稿画面で文字を入力中に、「+」ボタンをクリックしてスレッドを作成できます。
また、「モーメント」や「投票機能(アンケート)」はそろそろ新機能とはいえませんがこれらも知っておくと便利。
モーメントは、自分や他人のツイートを順番にならべ、まとめて表示する機能です。
TogetterやNaverまとめに似ています。モーメントは、公開すると一般のツイートと同様に公開されます。
マーケティングや宣伝に活かすなら、複数のツイートにまたがるキャンペーン情報や、各方面からのクチこみなどまとめてみてもよいでしょう。

「投票機能(アンケート)」は選択肢をあげて投票してもらう機能。
ユーザーの意見を募るだけでなく、クイズに使っている人もいます。

コミュニケーションツールとしてアンケートを使っている例(セブンーイレブン・ジャパン)
Twitterはもともとタイムラインに情報が時系列で流れるという仕様で、以前のツイートはどんどん流れてしまいますが、最近は友達のツイートや人気のツイートをおすすめしてくる「ハイライト表示」や、フォロワーがいいねした記事をおすすめする「○○さんがこの記事にいいねしました」といった通知機能により、有用と思われるツイートをリマインドしてくるようになっています。

Twitterの広告機能について

<Twitterの特徴>
Twitterでは、月額9900円で普段のツイートが自動的に広告配信される「オートプロモート」、オリジナルで広告を投稿する「Twitter広告キャンペーン」の2種類の広告があります。
オートプロモートは、通常のツイートが、まだフォローしていないターゲットユーザーのタイムラインに表示されるので運用管理が楽で、ユーザーの新規獲得などが期待できます。申し込みはTwitterマーケティング公式ページから行えます。

3.Facebook:ネット広告の代表SNSグーグルに次いで優秀

Facebookのメイン機能

<Facebookの特徴>
Facebook最大の特徴は「実名制のコミュニケーションプラットフォーム」というのが一番特徴です。
ですが、ここ最近ではそれだけではなく、「地域や年齢」、「興味」などのセグメントを決める事で細かいターゲティングが可能な広告プラットフォームとしても成長し続けているのがFacebookです。

2018年はユーザーのコミュニケーションをより活発にするために、媒体からのニュースや広告の表示数を減らし友達の投稿の表示を増やすという発表がされました。
これは安易に世界に発信できるFacebookを使ったフェイクニュースなどの拡散が進んでしまったことへの対応措置と考えられます。

<Facebookの新機能>
Facebookでここ最近で追加された「Facebook Live」

スマートフォンなどを使ってライブ配信が行えるのは他のSNSアプリと同では?なんて思うかもしれませんね。
Facebookの場合は個人で配信が行う事が可能なのはもちろん、同時に、ニュース配信会社やブロガーの人による配信なども行われているんです。

Facebookの最近の新機能の一つである、ストーリーズのインターフェースはIntragramと共通って知っていましたか?

その他は細かい機能改良は日々行われています。
便利なものとしては「テキスト投稿に背景を付ける」機能。
あれは最近特に使う人が増えていますし、同じものがInstagramにも参加しました。

もちろんその逆もあり、
Instagramで人気の「ストーリー」が「Facebookで使えるようになっている」などの機能を追加しています。
テキストに背景を付けることで、存在感が増すだけでなく楽しく投稿ができる、という新機能。

Facebookの広告機能について

Facebookの最初の広告機能はFacebookページの運用から始まった機能です。

従来では多くの機能アップデートが行われ、Googleにつぐほどの
インターネット上の広告配信プラットフォームとして大成長しているんです。

<Facebook広告の出稿手順>
①Facebookで広告を出すには、まず広告マネージャに登録する必要があります。

宣伝する事が可能なのは
・Facebookページ
・Webサイトなどへのリンク
・アプリのインストールボタン

など多様です。

また、上記のようにニュース配信や広告の表示を減らすというアルゴリズムの変更によって、
広告をより確実に表示させるために、プロモーション側はなんらかの対策が必要になると考えています。

もちろん広告の費用を使のが必ずしもいいという訳ではありません。
無難にSNSとしての機能をメインに使い拡散させるのもいいかもしれませんよ。

おわりに

年収1000万円〜1億円稼ぐための最新ノウハウをLINEにてバンバンお伝えしています。
まだLINEへのご登録がまだの方は下のボタンから是非よろしくお願い致します。

友だち追加