【Web集客が出来るようになる6つの秘訣】〜すぐわかる方法を公開

こんにちは、山崎です。

「ホームページやブログを立ち上げたけどアクセスが全然伸びない。。」

こういった悩みを持っている人は多いのではないでしょうか?

今回の記事では
■ホームページで集客する為の成功の秘訣
■広告を使って集客する方法

集客できるホームページの作り方〜6つの成功の秘訣

上述した6つの失敗原因を踏まえると、集客できるホームページを作る成功の秘訣は、以下の6つが考えられます。

1.ホームページの目的(ゴール)を明確にする
2.ペルソナを明確にする
3.ペルソナに届く質の高いコンテンツを揃える
4.定期的・継続的に更新をする
5.サービスの魅力が伝わるコンテンツを作る
6.常に修正・改善に取り組む

では次から集客できるホームページを作る6つの成功の秘訣を、詳しくご説明していきます。

①ホームページの目的(ゴール)を明確にする

ホームページで集客するなら、その目的は「リードの獲得」か「商品・サービスの販売」になります。

ホームページを作成するときには、問合せが欲しい、資料請求が欲しい、無料や1,000円程度のフロントエンド商品で集客したいなど、まずは最終目的をはっきりさせることから始めましょう。

フロントエンド商品について詳しく知りたい方は以下の記事もご参考ください。
フロントエンド商品とバックエンド商品|具体例と活用法

ホームページでいきなりバックエンド商品を売るのは難しいのが現実です。高額商品であればあるほど、ホームページでは売らずに、まずはリード獲得に努めた方が、最終的な売上につながりやすくなります。

リードを獲得する場合、ホームページの目的は、「問合せ」「資料請求」「無料コンテンツのダウンロード」などが考えられるでしょう。

②ペルソナを明確にする

ホームページを作成する前に、理想的なお客様(ペルソナ)を決定しましょう。性別、年齢、住まい、年収、趣味、好きなものなど、具体的にイメージすることが大切です。

ペルソナがただ一人に決まると、その人がどんな悩みを抱えているのかが見えてきます。

悩みが見えてくれば、その悩みを解決できるコンテンツを作成できるので、ホームページの方向性も決めやすくなります。

③ペルソナに届く質の高いコンテンツを揃える

ペルソナがはっきりと決まれば、どういったコピーが刺さるのか、ペルソナ好みのデザインなども明確に分かるようになるので、ユーザーに響くコンテンツが作成しやすくなります。

ホームページは見た目のデザインが良いことも大切ですが、それよりも、コンテンツの質の高さの方が大切です。コンテンツの質が高ければ、自然とSEOで上位表示されるようになります。

一定レベル以上のデザイン性を保つことができるなら、あとはコンテンツを充実させることに力を注ぐと良いでしょう。

④定期的・継続的に更新をする

ホームページは定期的・継続的に更新してこそ、その威力を発揮します。
次の2点は、集客できるホームページにとって大切なことです。

更新頻度を保って検索結果の上位に上がりやすくすること。
継続的に更新して効果検証・改善に取り組むこと。
こまめな更新は、企業が活発に活動している証拠にもなります。更新が1年以上前に止まっているホームページと、毎週更新しているホームページとでは、後者の方が信頼感が高くなるでしょう。

⑤サービスの魅力が伝わるコンテンツを作る

商品・サービスのメリットを単に説明しただけでは、本当の魅力は伝わらず、なかなか売上にも結びつきません。

その商品・サービスがどんな価値をお客様に提供してくれるのか、その商品・サービスを購入するとお客様にどんな良いことが起こるのか、ベネフィットが伝わるコンテンツを作成しましょう。

なぜ他の商品・サービスではなく、自社のものが良いのか、その理由を説明できるよう他社との差別化を図ることも大切です。

⑥.常に修正・改善に取り組む

ホームページは公開後に、何をするかで集客できるかどうかが決まります。公開した後、放置したままでは集客できません。ホームページの反応を見て、修正・改善に取り組むことが大切です。

無料で使えるので、Googleアナリティクスや、Googleサーチコンソールなどのアクセス解析ツールはホームページに導入されることをおすすめします。

アクセス解析ツールを使って、日々数値をチェックし、分析・改善に取り組んでいきましょう。最初のうちはよく分からなくても、毎日見ているうちに数値の変化に気づけるようになります。

まずは「PV数を伸ばすこと、直帰率を下げること、離脱率を減らすこと」を目標に、ホームページの改善に取り組んでみましょう。

修正・改善を定期的・継続的に行うには、ホームページが「更新しやすいこと」も重要なポイントです。

外部サイトから集客する5つの方法

①純広告

純広告には大きく以下の3種類のタイプが存在します。(正確には、これから紹介する「ネイティブ広告」「動画広告」も大枠では純広告という言い方をすることもあります。)

imp/pv保証型‥ 広告の表示回数を保証するタイプの広告(1,000,000PV保証など)
期間保証型‥広告の掲載期間を保証するタイプの広告(1週間、2週間、1ヶ月など)
クリック保証型‥規定のクリック数が消化されるまで掲載されるタイプの広告(1,000クリック保証など)
メリットは属性が合えば非常に費用対効果の高い集客が実現する事もありますが、費用が高い場合が多いので属性が合わなかった場合には大きなリスクがあります。プロモーションとして扱う場合には純広告の取り扱い経験が豊富な代理店にアドバイスを求めるといいでしょう。

期間:5営業日~(媒体による)
おすすめ(5段階):★★★☆☆
コスト:30万円~(媒体による)

②ネイティブ広告

ネイティブ広告とは媒体の記事などのコンテンツと自然に(ネイティブに)馴染ませて同化させたような広告のことを言います。一般のコンテンツに混じって「PR」「広告」のようなフラグがついたコンテンツを見たことはありませんか?訪問者は通常の広告と違って自然に受け入れてくれるため強い印象を残すことができます。

最近では多くのメディアがネイティブ広告メニューを販売していますので試してみる価値はあるでしょう。

期間:5営業日~(媒体による)
おすすめ(5段階):★★★★☆
コスト:20万円~(媒体による)

③動画広告

サイバーエージェント、博報堂が参入の動きを見せるなど こちらも近年盛り上がりを見せている動画市場。インターネットメディアも動画コンテンツを導入する事例が増えていて、「若者のテレビ離れ」と言われていますが、ネットでの動画視聴に人が流れてきています。

広告主が少ない今のうちから始めておけば非常に高い効果が得られるかもしれませんね。

期間:1営業日~
おすすめ(5段階):★★★★☆
コスト:数万円~

④アフィリエイト広告

成果報酬型広告とも呼ばれます。最大の特徴は特定の目的(資料請求・会員登録・購入・申込など)が達成された場合のみに広告費用を支払えばいい為、費用対効果の調整がしやすいという点です。

しかし、広告を掲載する媒体運営者(個人であることが多い)はお金を稼ぐことが目的なため、ありもしない事を書いて成約させてしまい、質の悪い顧客が増えてしまった等のデメリットもあります。

運用する場合には放ったらかしにせず、経験者やASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダの略でアフィリエイト広告の代理店のような業者)の担当者にアドバイスを求めるなどして、しっかり運用する姿勢が大切です。

期間:5営業日~(ASPによる)
おすすめ(5段階):★★★★☆
コスト:初期費用50,000円+月額費用40,000円+成果報酬(ASPによる)
アフィリエイトASPの選び方やアフィリエイトマーケティングについてはこのブログが詳しいです。

⑤アドネットワーク

アフィリエイトは購入や申込が成果地点(広告掲載料が発生する段階)なのに対して、アドネットワークは1クリックあたり数十円となります。

以下で紹介するようなネットワークであれば、媒体のカテゴリや配信時間帯、月の予算などを細かく調整できる為、費用対効果の調整がしやすい。相性が良いため、スマホアプリの出稿先を探している担当者にはお勧めしたい集客方法です。

期間:3営業日~(事業者による)
おすすめ(5段階):★★★★☆
コスト:成果報酬のみの場合が大半(事業者による)
スマートフォン広告なら日本最大級のnend (A8.netと同じ会社が運営する国内最大級のネットワーク)

アイモバイル(i-mobile) 国内最大級のアドネットワーク広告 PC/スマートフォン広告 (同じく国内最大級で古くから続くネットワーク)

おわりに

あらゆるWeb広告の知識や、Webに関するすべての手間を自社で抱え込むのは大変ですし、通常業務に支障が出てしまうでしょう。

Web業界は専門化、細分化が進んでいるため、本当に効果をあげようと考えているのならば専門家を頼ってみるという方法もあります。

その際はぜひお問い合わせください。

年収1000万円〜1億円稼ぐための最新ノウハウをLINEにてバンバンお伝えしています。
まだLINEへのご登録がまだの方は下のボタンから是非よろしくお願い致します。
友だち追加