『Zoomセミナー』をYouTubeにアップしよう!投稿方法とおすすめ設定も紹介

こんにちは山崎です。

今回は、Zoomを使ったオンラインセミナーをYouTubeにアップして、マルチに集客・販売していくコツについてお伝えしていきます。

ZoomセミナーをYouTubeにアップしてみよう

前回、前々回の記事で、Zoomを使ったオンラインセミナーの特徴や、Zoomの使い方について紹介してきました。

その中で、Zoomには「レコーディング(録画)」機能があるとお話ししたことは覚えていますでしょうか?

Zoomのレコーディング機能は、文字通り、Zoomセミナーを丸ごと録画して動画ファイルにしてくれるものです。

この動画ファイルはもちろん自由に活用できますので、YouTubeにアップして集客に使ったり、お客さんの教育に用いることも可能です。

そんな『Zoom×YouTube』の組み合わせで得られるメリットとデメリットについて、まずは取り上げていきますね。

YouTubeにアップするメリット

Zoomセミナーの動画をそのままYouTubeにアップすることで、「圧倒的な省力化ができる」というメリットがあります。

従来ならZoomセミナーとYouTube動画の撮影、2回にわたりノウハウを話したり資料を用意しないといけませんでした。

しかしZoomセミナーをそのままアップする方法なら、単純計算で手間は2分の1

時間も労力も大幅にカットすることができるんですね。

また、Zoomセミナーを無料公開することで、あなたが実際に手掛けているZoomセミナーの雰囲気を伝えることができるので、「この人のZoomセミナーに参加してみたい!」と考えるお客さんを増やすこともできます。

Zoomセミナーで話しているノウハウそのものに魅力を感じて、チャンネル登録者数が増えたり、LINE@に登録してくれるお客さんが増えたりするメリットもあるでしょう。

スクールの生徒さん向け限定でZoomセミナーの過去動画を共有して、教育用ツールとして使うこともできてしまいます。

YouTubeにアップするデメリット

ZoomセミナーをYouTubeにアップする際には、動画のどこまでをYouTubeにアップするのか、そしてどの範囲へ公開するのかを決めないといけません。

たとえば、最初の15分だけ無料で公開するとか、丸ごと動画をアップするけど「限定公開」に設定して一般の人が見れないようにする…というイメージです。

もしこの設定を間違ってしまうと、一般のYouTubeユーザーが有料のノウハウを全部覗き見ることができてしまって、セミナー参加者に「あれ?セミナー参加しなくてもよかったのでは?」と思われてしまうかもしれません。

どこまで投稿するのか、「公開」にするのか「限定公開」にするのかを事前に決めて、設定ミスがないように心がける必要があります。

具体的なZoom→YouTubeのアップ方法

まだYouTubeで動画をアップしたことがない人からすると「YouTubeに動画をアップするのって、なんだか難しそう」と思えるかもしれません。

しかし、Zoomを使えば簡単にYouTube投稿用の動画をダウンロードすることができるため、難しい手順はほとんどありません。

実際に、Zoom→YouTubeへのアップ方法について紹介していきますね。

Zoomセミナーをレコーディングし、動画データを保存

パソコン版アプリでZoomセミナーのレコーディングに必要なのは、Zoom画面の「レコーディング」ボタンを1回クリックすることだけ。

すると「レコーディングしています…」のメッセージが画面上に現れて、録画の一時停止・停止ができるようになります。

Zoomセミナーが終了したら、自動的にZoomアプリで動画のエンコード(動画の変換)が行われます。

エンコードされた動画は、YouTubeにそのままアップできる「.mp4」ファイルとして保存されます。

動画データを「限定公開」でYouTubeにアップ

エンコードが終わったら、「.mp4」の動画ファイルをYouTubeのアップロードページにドラッグアンドドロップして投稿していきます。

あとは、タイトルと説明、タグの3つを設定して公開範囲を設定するだけ。

YouTubeの公開範囲は、

  1. 公開
  2. 限定公開
  3. 非公開

の3つから選ぶことができます。

「限定公開」の場合は、動画のURLを知っている人だけが視聴できて、YouTubeの検索などからはたどり着かない設定になります。

LINE@やスクール向けにだけURLを送って、見込み客や生徒さんだけに動画を公開することも可能ですよ。

有料版なら「クラウド録画」で簡単に共有可能

なお、無料版の場合はZoomセミナーのレコーディングはパソコン内にのみ保存できますが、有料版を契約すると「クラウド録画」の設定を利用することができます。

クラウド録画は、Zoomセミナーの動画を自動でオンライン上に保存してくれるというもの。

動画のエンコードにかかる時間を節約できて、YouTubeにアップしなくても共有することができるようになります。

Zoom無料版・有料版の違い

そもそもZoomの無料版・有料版の違いとして、クラウド録画機能以外にも知っておきたいポイントがあります。

Zoomで3人以上のセミナーを行う場合、1回40分までの上限があるのが無料版ですが、有料版に加入するとこの上限がなくなります。

1時間以上のセミナーを開催するなら、有料版を契約するのがおすすめです。

料金に関しては、1年契約の場合は1675円/月で利用可能。1月ごとの契約なら2000円/月です。

参加者への共有だけなら、「クラウド録画」もおすすめ

クラウド録画を使えば、Zoomセミナーの動画を「Zoom Cloud」という場所に保存してもらえるようになります。

この動画は他のユーザーに共有することができて、セミナーの参加者だけに動画URLを送る…という使い方もできます。

YouTubeで無料公開する予定がないなら、クラウド録画で共有する方法を使ってもいいでしょう。

Zoomアプリのおすすめレコーディング設定

パソコンのZoomアプリでは、Zoomセミナーをレコーディングする際の詳細設定を行うことができます。

Zoomセミナーの動画をダウンロードする際におすすめの、Zoom設定についてもご紹介しましょう。

「記録にタイムスタンプを追加する」

Zoomセミナーの動画に、日付と時間を記録できる設定です。

何年何月何日の何時からスタートしたセミナーなのかをひと目でチェックできるため、あとから動画を整理するときに役立ちます。

「画面共有時のビデオを記録」

この設定を有効にしておくと、Zoomセミナー中に「画面共有」機能を使った場合、画面の資料に重なるように、右上に話し手の顔が表示されるようになります。

さらにオプションの「録画中に共有された画面のとなりにビデオを移動してください」を有効にすれば、画面共有している資料が縮小されて、話し手の顔が資料と重ならないようにレコーディングすることも可能。

一度どちらの機能も試してみて、あとからどっちの設定の方が見やすいかを確認してみることをおすすめします。

おわりに

せっかくのZoomセミナーを、1回で終わりにしてしまうのは非常にもったいないことです。

動画としてダウンロードしてYouTubeにアップして、教育用の動画として使ったり、集客用のツールとして使ってみてくださいね。